ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

鉄剣(2振)

公開日 2013年03月21日

最終更新日 2020年03月12日

 鉄剣2振は、平成8年度県営担い手育成基盤整備事業に先立ち行われた根塚遺跡の発掘調査により発見されました。共伴する土器より3世紀後半のものと考えられます。この時代のものとしてはきわめて長く、保存状態も良いです。なかでも2号剣は国内では現在のところ最長であり、また柄頭とサーベルの把先に渦巻文を有する国内唯一の剣です。当時国内ではこのような剣を作る技術はなく、舶載品と考えるのが妥当と思われます。

 

 渦巻文は3世紀から7世紀にかけ韓国加耶地方に盛行しており、加耶地方からもたらされたものと考えられます。このように鉄剣2振は、単に木島平村というより、古代の日本と韓国との関係を考える上できわめて貴重であり、重文級の資料といえます。

 1号剣 長さ56cm、幅3.4cm、厚さ0.8cm

 2号剣 長さ74cm、幅3.5cm、厚さ1.0cm

 

 

97.jpg

 

 

住所

往郷914-6       
村指定番号 47
指定年月日 H10.4.16

 

 

地図

鉄剣(2振)

お問い合わせ

総務課 政策情報係
TEL:0269-82-3111
ページ先頭へ