ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

算額(天満宮天井絵)

公開日 2013年03月21日

最終更新日 2017年05月30日

原大沢の天満宮に飾られている額のことです。ここには3面の算額があります。江戸時代、日本では独自の数学「和算」が発展しました。算額は数学の問題の解き方を一般の人に知らせるために神社などに納められたものです。当時の数学は今の中学から高校程度のもので、この地方の学問の高さがうかがえます。木島平村には現在8面の算額があり、全国的に見てもこの小さな村に8面の算額が存在しているのは非常に珍しいようです。納めた方たちは次のとおりです。

 

 ●天満宮 明治21年(1888年)

   小林半治朗

 ●天満宮 奉納年不明(2面)

   小林重松

   小林廣吉

 

70.jpg

 

 

住所 

往郷(原大沢)   
村指定番号  52
指定年月日 H16.4.16

 

 

地図

算額(天満宮天井絵)

お問い合わせ

教育委員会生涯学習課 生涯学習係
TEL:0269-82-2041
ページ先頭へ