ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金について

公開日 2021年12月6日

最終更新日 2021年12月6日

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるよう、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下、「地方創生臨時交付金」)」が創設されました。 

 木島平村においても、地方創生臨時交付金を活用し、感染拡大防止、事業の継続や地域経済の活性化、アフターコロナに向けた取り組み等につながる様々な事業を実施しました。

地方創生臨時交付金を活用した事業の実施状況及び効果検証について

各地方公共団体においては、事業終了後に臨時交付金を活用して実施した事業の実施状況及びその効果について公表することとなっております。

このことから、地方創生臨時交付金を活用した事業の実施状況及び効果の検証について次のとおり公表します。

令和2年度地方創生臨時交付金効果検証[PDF:269KB]

地方創生臨時交付金基金について

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金基金管理運営要領第4の8の規定に基づき、基金事業の運営及び管理に関する基本的事項について公表することになっています。

このことから、地方創生臨時交付金基金について次のとおり公表します。

基金の名称 新型コロナウイルス対策資金利子等補助金支払準備基金
基金の額 2,885,000円
国費相当額 2,600,000円
基金事業の概要 新型コロナウイルスにより著しい影響を受けた中小企業者の借入に対し、利子の一部を補助するための財源に充てるため、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を財源として、令和3年3月に設置。
基金事業を終了する時期 令和7年度末

お問い合わせ

総務課 政策情報係
TEL:0269-82-3111

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード
ページ先頭へ