ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

木島平村はSDGs推進に取り組みます

公開日 2020年2月27日

最終更新日 2020年10月7日

木島平村は「SDGs日本モデル宣言」に賛同し、SDGs推進に取り組みます

木島平村は、人口減少・超高齢化など社会的課題の解決と持続可能な地域づくりに向けて、企業・団体、学校・研究機関、住民などとの官民連携を進め、日本の「SDGsモデル」を世界に発信する「SDGs日本モデル」宣言に賛同し、SDGsの推進に取り組みます。

 

SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)は「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。持続可能な開発目標とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGs17の目標

「SDGs日本モデル」宣言とは

「SDGs日本モデル」宣言とは、地方自治体が国や企業、団体、学校・研究機関、住民などと連携して、地方からSDGsを推進し、地域の課題解決と地方創成を目指していくという考え・決意を示すものです。
本宣言は、2019年1月30日、神奈川県が、横浜市、鎌倉市との共催、他のSDGs未来都市の協力も得て開催した「SDGs全国フォーラム2019」において、全国93自治体の賛同を得て、発表しました。その後も、多くの地方自治体が追加で賛同し、令和2年2月5日現在、206自治体が賛同しています。

SDGs日本モデル宣言

SDGs日本モデル宣言[PDF:193KB]

長野県の取組

長野県は、SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて優れた取組を提案する「SDGs未来都市」として、平成30年6月、他の28自治体とともに、全国で初めて選定されました。

長野県SDGs未来都市について(長野県HP)

木島平村の取組

馬曲川小水力発電事業[PDF:478KB]

小中学校ICT化環境整備事業[PDF:310KB]

河川愛護事業[PDF:470KB]

太陽光発電事業[PDF:410KB]

随時更新していきます

お問い合わせ

総務課 政策情報係
TEL:0269-82-3111

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード
ページ先頭へ