ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

風しんの追加的対策について

公開日 2019年6月14日

最終更新日 2021年4月16日

風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます

令和4年3月31日までに限り、特定年齢の男性を対象に風しんの抗体検査と予防接種(自己負担なし)が行われます。

これは、平成30年7月下旬頃から関東地方を中心に風しん患者数が増加していることをうけ、全国で実施されるものです。

風しんは、成人が発症すると小児より重症化するほか、妊娠初期の妊婦に感染させると、赤ちゃんが先天性風しん症候群になる可能性もあります。

ご自身の健康とご家族の安全を守るためにも、抗体検査の受診をお願いします。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性

費 用

村が発行するクーポン券を実施医療機関に提示することで、抗体検査及び予防接種を無料で受けることができます。

クーポン券の有効期間

令和4年3月31日まで

※今年度が、抗体検査・予防接種が無料となる最終です。

受診方法

  1. 村のセット健診や職場の健診、医療機関でクーポン券を提示し、抗体検査を受けてください
  2. 抗体検査の結果、抗体価が低い人は、医療機関で予防接種を受けてください。

※職場の健診や医療機関で抗体検査を受ける場合には、事前に検査可能か確認をお願いします。

抗体検査・予防接種までの流れ

抗体検査・予防接種までの流れ

風しんとは

風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症です。小児は発熱、発疹、首や耳の後ろのリンパ節の腫れなどの症状があらわれますが、数日で症状は治まります。成人で発症した場合は、高熱・発疹の長期化や関節痛など重症化の可能性があり、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど、入院加療を要する場合もあります。

また、妊娠初期(20週以前)に風しんに感染すると、赤ちゃんが先天性心疾患・白内障・難聴を特徴とする先天性風しん症候群をもって生まれてくる可能性が高くなります。

お問い合わせ

民生課 健康福祉係
TEL:0269-82-3111
ページ先頭へ