ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

食彩市場「たる川」

公開日 2014年4月7日

最終更新日 2020年6月8日

食彩市場 「たる川 」

  • 営業日
    通年無休営業
    (※12月31日~1月4日は閉店)
  • 営業時間
    4月~10月 午前8時30分~午後6時(11月は午後5時まで)
  • 12月~3月 午前9時30分~午後5時(1月~3月は水曜定休日)
  • 消費者交流イベント
    毎月1回、販売促進イベントを実施しています。
    詳しくは、お問い合わせください。
    ※実施しない月もあります。
  • アクセス
    木島平村大字上木島5691-1 電話 0269-63-3620
    食彩市場「たる川」周辺MAP.jpg(135KBytes)
    「旬」のカレンダー.pdf(4.2KBytes)

食彩市場 「たる川」 通年販売商品

■山紫水明木島平産こしひかり

写真2

魚沼産と肩を並べる食味で知られ、古くから江戸の寿司米として利用されています。おいしさに安全・安心をプラスした「農林水産省特別栽培農産物表示ガイドライン認証」の特別栽培米です。
・精米2キロ

・精米5キロ

・玄米30キロ
この他にJAS有機認定米、古代米、一般米も販売しています。

■岡本商店のお漬物

写真3

野沢菜漬けの本場の味をご賞味ください。野沢菜漬けのほかにも、おいしい漬物が盛り沢山、いろいろな味をお楽しみください。
・野沢菜漬
・野沢菜昆布
・白菜キムチ
・野沢菜茶漬 ほか

■太陽の子ども達

写真4

木島平産のジュース用トマトを原料に、ジュース加工した木島平オリジナルの100パーセントトマトジュースです。贈答用としても好評で、多くの皆さんにご利用いただいています。
トマトの原産国ペルーでは、トマトの語源に太陽の子ども達という意味があります。

■ほっ辛味噌

写真5

木島平村内山地区の女性たちが試行錯誤を繰り返して完成した木島平産の味噌に、バナナ南蛮を調合したビン詰調味料「ほっ辛味噌」。(商標登録済)
温かいご飯・豆腐などの薬味として最高の一品です。

おら村の大豆加工品

■丸大豆醤油

写真6

木島平産の大豆・小麦を主原料に、名水100選に選ばれた木島平村内山地区の「龍興寺清水」を合わせて杉桶に寒仕込みをし、長期自然熟成した本格醤油です。

■しょうゆ豆・黒豆しょうゆ豆

写真7

醤油の醸造過程でできる甘塩味の「醤油もろみ」です。温かいご飯や冷奴などにかけてお召し上がりください。

■鬼島豆腐(もめん・きぬ)

写真8

木島平産の大豆を主原料に加工した豆腐です。豆本来の味が生きていると評判。
「鬼島」は木島平村に伝わる鬼の伝説からネーミングしました。

■鬼島納豆(大粒・小粒)

写真9

木島平産大豆を100パーセント使用して加工した納豆です。昔ながらの豆腐の味をお楽しみください。

■黒豆菓子

黒豆にあられを加えて、豆菓子に加工しました。軽い食感でお酒のおつまみなどによく合います。砂糖味と塩味の2種類。

黒豆菓子


■きのこ

写真12

木島平村は1955年代からきのこ栽培が始まり、多くの種類のきのこが生産されています。
・きのこの種類:えのきたけ、ぶなしめじ、なめこ、はたけしめじ、しいたけ、えりんぎ
・価格:時価ですが、量と安さには定評があります。

■本格米焼酎「木島平 米一筋」

うまい米どころとして定評のある木島平産こしひかりを100%使用した本格米焼酎です。

仕込み水は、平成20年に環境省が選ぶ「平成の名水100選」に認定された木島平村の「龍興寺清水」を使用しております。

長野県原産地呼称管理制度による地域酒に認定されています。

米焼酎

■「やー魂」(焼酎)

ヤーコン焼酎

南米アンデス高地でインカ帝国時代より薬草として食されていたヤーコンを、自然豊かな木島平村八丁原の大地で丹精込めて作り、おいしい焼酎にしました。

ヤーコンとは、外観はサツマイモに似て、オリゴ糖やポリフェノールを多く含み、有用な健康野菜として注目されています。

■山紫水明 JAS有機コシヒカリ

米袋30【機種依存文字】

JAS有機認定の木島平産コシヒカリです。JAS有機は単に化学肥料・化学合成農薬を使用しないだけでなく、化学肥料の代替資材として、動植物由来の有機質堆肥を施用して土作りを徹底して行なった農作物を認定する制度です。おいしい木島平産コシヒカリに安全安心がプラスされました。

この他にもたくさんの農産物・加工品が勢ぞろい!

地図

食彩市場「たる川」

お問い合わせ

木島平村役場 産業企画室
TEL:0269-82-3111

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード
ページ先頭へ