ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

村の交流事業:木島平とルクセンブルクとの交流

公開日 2013年3月21日

最終更新日 2017年11月24日

木島平とルクセンブルクとの交流

ルクセンブルクの街並みの写真

 

ルクセンブルク交流について

在日ルクセンブルク大公国大使館のシンボルマーク

村では現在ヨーロッパのルクセンブルク大公国との交流を重ねています。この交流はカヤの平のリゾート開発が検討されていた1990年6月、ヨーロッパのリゾート事情の視察に10人が第1回の訪問をしたのが最初で、翌年からは人材育成事業として1994年まで、5年間にわたり海外使節団を送ってきました。1997年には美しい村づくり事業の視察でグリーンツーリズム研究会を中心に8人が訪問、アンリ皇太子との懇談が実現。2000年には村議会議員を中心とした使節団がディーキルシュ市を訪問しました。

 

 

 

 また、ルクセンブルクからは1992年と1995年に当時の駐日ルクセンブルク大使が来村。1997年にはピエール・グラメーニヤ駐日大使が来村し、第1回木島平カップ国際スキーアーチェリー大会の式典通訳を務めました。1998年の長野オリンピックの際にはアンリ皇太子(現大公)が来村、2001年には外国語指導助手としてショック・ローレンとさんが中学校に着任しました。

 

ルクセンブルクラジオテレビ局が木島平村の学校を取材している写真

←この日はヨーロッパでも有数の放送事業者であるルクセンブルクラジオテレビ局(RTL)が村を取材。その様子はルクセンブルクはもちろん、ヨーロッパ全土に放送されるということです。

 

 

 

 

 

木島平中学校生徒10人がルクセンブルクを訪問

 こうした交流が実を結び、2002年には木島平中学校の生徒10人がルクセンブルクを訪問、ディーキルシュ市中等学校と交流を行なったほか、ホームステイを行いました。2004年にはディーキルシュ中等学校の生徒が来村。未来を担う子どもたちの相互交流が実現し、1年ごとに木島平中学校とディーキルシュ中等学校で交換交流が行なわれることとなりました。

 2005年2月には、スペシャルオリンピックス冬季世界大会が長野県で開催され、村はホストタウンとしてルクセンブルク選手団を受け入れ、ホームステイや競技の応援を通じ、更なる交流を深めました。

ルクセンブルク選手団がホームステイ先で夕食中の写真

 

 

スペシャルオリンピックスでのホームステイ、楽しい夕食になったようです。

ディーキルシュ中等学校の生徒が習字で「和」という字に挑戦している写真

 

ディーキルシュ中等学校の生徒が村内小学校を訪問、習字に挑戦しました。

 

村制施行50周年を迎え

 そして、村制施行50周年を迎えた2005年10月、両校は姉妹校締結を結び両校と両市村の発展に向け、新たな一歩を踏み出しました。

 

ルクセンブルクの方々との集合写真

 

 

リンク先

在日ルクセンブルグ大公国大使館(別ウィンドウで開く)のページをご覧ください。

お問い合わせ

総務課 政策情報係
TEL:0269-82-3111
ページ先頭へ