ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

村の交流事業:姉妹都市 調布市

公開日 2013年3月21日

最終更新日 2019年2月4日

姉妹都市 調布市

姉妹都市交流20周年を記念した木島平フェスタin調布の写真

▲姉妹都市交流20周年を記念した木島平フェスタin調布

 

 木島平村と調布市は1985年に姉妹都市盟約を締結して以来、スポーツ、文化、農産物などを通じ、交流を深めてきました。

調布市について

 調布市は東京都のほぼ中央、多摩地区の南東部に位置し、面積21.53平方キロメートル、人口約21万人を有する都市です。また、武蔵野の歴史と数々の史跡を持つ文化都市でもあり、深大寺や祇園寺などの古刹や、武者小路実篤が晩年を年過ごしたことでも知られています。こうした文化的側面は、現在電気通信大学をはじめ、桐朋学園、白百合女子大学など、学園都市としても花開いています。

 一方、スポーツも盛んで、神代植物公園内の総合体育館のほか、FC東京と東京ヴェルディ1969のホームグラウンドとして知られる東京スタジアム(現 味の素スタジアム)があり、また2002年ワールドカップでは、サウディアラビア王国の公認キャンプ地となりました。

調布市役所前の木島平村出店ブース写真

 

調布市役所前で開催される商工祭や物産展などには、木島平村のブースも出店しています。

 

 

 

調布市と姉妹都市になった経緯

 姉妹都市盟約を結んだ昭和の終わりごろは、東京など大都市への人口集中が問題になっており、国としても「都市と地方の交流」を進めている時期でした。
 そんなとき、姉妹都市交流をしていただける都市を探していた木島平村に、初めに興味を持っていただいたのが調布市でした。
 現在では、都市と農村交流の先駆けとして、また、住民同士の活発な交流など、“姉妹都市交流の優等生”として知られています。

東京都調布市と姉妹都市盟約締結の写真

 

1985年、村制施行30周年を記念して、東京都調布市と姉妹都市盟約が締結されました

調布市と木島平村について

 木島平村からは2003年、調布銀座の一角にアンテナショップ新鮮屋をオープン。村産の新鮮な野菜や、安全安心の木島平米をはじめとした農産物を提供しています。また、調布市役所前で行われる商工祭や物産展には、村のブースを出店し好評をいただいています。

 

調布市立第8中学校の田植えの様子

 

調布市立第8中学校の移動教室、毎年中学生が村を訪れ、

田植えや定植などの農作業やスポーツなどを通じ、村の自然と人との交流を深めています

 

アンテナショップ新鮮屋の外観写真

 

2003年にオープンしたアンテナショップ新鮮屋。

木島平の安心安全の農産物はもちろん、観光情報をはじめ、木島平のことならなんでもおまかせ

 

 スポーツでは、味の素スタジアムで行われるJリーグの前座試合に村の少年サッカーチームが参加したこともあるほか、野球、ゲートボールなどでも毎年交流が計られています。2000年からは木島平フェスタin調布と題し、調布市グリーンホールなどを舞台に鬼島太鼓と深大寺児童館和太鼓サークルとの競演や、村出身の俳優常田富士男さん演出の舞台劇などを披露し、多くの皆さんにご来場いただいています。

スキー教室の写真

 

冬には調布市の中学生が木島平スキー場でスキー教室

フットサル大会の様子

 

調布市で開催されるフットサル大会には毎年村からも参加しています

木島平フェスタ 舞台劇の写真

 

木島平フェスタin調布では、常田富士男さん(中央)演出の舞台劇なども上演、好評をいただいています

ジョイントコンサートの写真

 

2005年に村で行われた鬼島太鼓と調布市青少年吹奏楽団とのジョイントコンサート

 

木島平村と調布市の交流は、2015年で30周年を迎えました。農業・スポーツ・文化・教育など様々な分野で交流を続ける両市村、今後もさらなる発展と友好的な交流が期待されます。

姉妹都市交流について[PPTX:7MB]

お問い合わせ

総務課 政策情報係
TEL:0269-82-3111
ページ先頭へ