ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

介護保険料特別徴収の誤徴収と対応について

公開日 2018年8月24日

最終更新日 2018年8月24日

介護保険料の特別徴収額に誤りがあることが判明しました

介護保険料の特別徴収(年金から介護保険料を天引きすること)において、6月分と8月分の徴収額に誤りがあったことが判明しました。

対象者の皆様におかれましては、多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

今後、このようなことがないよう再発防止策を徹底し、適正な事務処理に努めて参ります。

1 具体的な内容

特別徴収(年金天引)されている一部の方について、日本年金機構へ依頼する天引額の情報が正確に伝わらず、予定されていた天引額とは異なる金額で徴収されてしまいました。

2 対象者と誤徴収額(6月及び8月天引分) 

特別徴収者 1,611人のうち

 ◇不足徴収分  131人   計 1,346,600円

 ◇過大徴収分  151人   計 1,566,800円

3 原因

平成29年10月に役場内のシステムのベンダー業者(システムを開発し、販売、運用及び保守を行う)が変わり、大幅なシステム変更がありました。介護保険のシステムにおいて、ベンダー業者切替時のデータ移行作業に不備があり、今回の天引額の情報作成時にプログラムが誤作動し、正確な天引額が年金機構へ送付されず、誤徴収が発生してしまいました。

4 対応

 8月16日付けで対象となる方へ謝罪の文書をお送りしております。

また、不足徴収分について、6月分は8月中に、8月分は9月中に口座振替による納付か納付書による現金納付をお願いしております。

過大徴収分については、9月に一括して指定の口座への振込によって還付させていただきます。

5 再発防止策

システムベンダー業者に対し、誤りのないシステム運用を求め、また、不足していた確認機能・体制を充実させます。

お問い合わせ

民生課 健康福祉係
TEL:0269-82-3111
ページ先頭へ