ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ

木島平村

背景色

文字サイズ

メニュー

総合トップへ

おでかけ情報:施設:内山手すき和紙体験の家

公開日 2013年3月21日

最終更新日 2022年11月22日

内山手すき和紙体験の家

内山手すき和紙体験の家について

内山手すき和紙体験の家 〒389-2301 長野県下高井郡木島平村大字穂高1143-3 電話・FAX 0269-82-4151

 

 内山和紙の製造は1661年から始まり、障子紙や帳簿用紙などに使われてきました。その紙は風雪に耐える丈夫さがあり、障子紙にすると太陽光線を良く通し部屋を明るくするといわれ、明治時代には村内で140戸を超える農家が内山紙を製造したが、パルプを使った製紙工業におされ1970年を最後に途絶えてしまいました。

 この内山手すき和紙体験の家は、1987年12月に内山紙の製造技術を復興させ、伝統工芸として保存・伝承し、村の特産品に育てるため、また手すき体験を観光客や子どもたちに提供するために建てられたものです。

 

内山手すき和紙体験の家の各体験について

手すき体験ではがきを作成する人々の写真

 

和紙の手すき体験、はがきなら

1時間ほどで完成します

ブラインドや照明器具などさまざまな和紙製品が並ぶ写真

 

屋内には、ブラインドや照明器

具など様々な和紙製品が展示

創作インテリアの写真

 

和紙の創作インテリア

龍興寺清水の湧き水の写真

 

和紙の里には欠かせない

湧水(龍興寺清水)

郵便ポストの写真

 

できたはがきはポストへ

関連リンク先

営業日、営業時間、体験料金など
詳細については内山手すき和紙体験の家のHP(別ウィンドウで開く)をご覧ください。

 

お問い合わせ

産業課 商工観光係
TEL:0269-82-3111
ページ先頭へ